リビング2

ちょうどいい大きさのLDKがお気に入りです

さんご一家 小松市

家のリフォームを考えていたときに、リフォームをしていた友人宅の内見会でヒノキの無垢材を気に入り、シモアラさんにお願いしました。間取りを決めるにあたって一番こだわったのは「光」と「風」。とにかく風通しにはこだわりました。工事は予想以上に早く終わり、周りの人もびっくりするほど。出来上がりも大満足で、泊まりに来た親は「ホテルみたい!」って。みんなに自慢しています。一番のお気に入りはキッチンからの風景で、奥の和室まですべて見渡せる距離感がちょうどいいです。ヒノキの床材は昔の家の雰囲気にぴったりで、けれど和風過ぎないところが気に入っています。
住み始めた当初は「おじゃまします」といった感じでしたが、今ではすっかり落ち着く家になりました。

LDK

LDKは広すぎず狭すぎず、どこにいても部屋を見渡せるちょうどいい大きさが魅力です

和室2

和室は壁と畳を新しくしたのみですが、和室も改装したんでしょ?と言われます