藤田邸DSCN1785

こだわりタイルと自然素材の家

藤田さんご一家 小松市

冬に完成した家ですが、すごく暖かくヒーターもいりませんでした。心配していた吹き抜けも問題なく、ヒノキの床材は皆さんに「床暖なん?」と言われます。また、吹き抜けの上にあるカウンターは見晴らしがよく一番のお気に入りで、そこでよく仕事をしたりしています。ただ2階はほぼ既製品なので夏は寝るときだけエアコンをつけることが多いですね。
洗面とトイレのタイルは持ち込みで、もともと実家の増築に使ったものにデザインを合わせていただきました。リビングの入り口の建具も好評で、建具は既製品しかないと思っていた人が多いみたいです。普通はそこまでこだわらないと思いますが、出来栄えにはすごく満足しています。

藤田邸DSCN1779

タイルがよく見えるようにとお願いし、水洗はセパレート型になりました

藤田邸DSCN1782

キッチン後ろのタイルはシモアラさんと一緒に選んだもの

藤田邸DSCN1787

キッチン上の照明も持ち込み。雰囲気ある空間になりました