本物の素材が当たり前にある暮らし

福井さんご一家 小松市

家を考える際「自然素材」にこだわりました。
木や自然素材を得意としている会社さんを何社か見学していたのですが、実際に確認してみると貼りものだったりすることもあり、なかなか会社さんを決められずにいました。
そんな時にシモアラさんを知って見学に行ったところ、まず床板が厚いことが気に入りました。
住んでみると、やはりリビングが落ち着きますね。また、通気断熱WB工法なので空気がカラッとしていて気持ちがいいです。洗濯物もよく乾きますし、除湿器を買わずにすみました。
あと、住む前はリビングの大きな吹き抜けが「冬は寒いのではないか」と不安でした。しかし、吹き抜けのプロペラとリビングのエアコンの両方を使うことで家中温かくなり、問題なく暮らせています。

新しい家だと「すごく温かいのではないか」とはじめは期待していました。実際は十分温かいのですが「すごく温かい」わけではありませんでした。そこで、季節によって暑かったり寒かったりするのは当たり前であり、一年中温度の変化がない家なんてないということに気が付きました。ですので、自然の状態で暮らせていることに今は満足しています。

大きな窓と吹き抜けが特徴のリビング。
リビングを畳とすることで、遊ぶ・くつろぐ・休む、など使い方が広がります。

シモアラ自慢のヒノキ無垢の床。24mmの厚さがあり、踏み応えが特徴です。
お引渡しの時は白っぽい色でしたが、時間の経過でやや飴色に変わっていました。
経年で変化があるのも天然木の特徴です。