家族の「暮らしやすさ」にこだわった住まい

曽良さんご一家 小松市

実家が通気断熱WB工法の家をシモアラさんで建てており、その良さを体感していたため自分の家も同じ工法でお願いしました。
建築前の打合せでは、内玄関、キッチンのタイル、ユーティリティとウォークスルークローゼットの利便性にこだわりました。家事の移動距離をできるだけ少なくしたかったので、キッチンの隣に水廻りや収納を集約し、生活してみると使いやすくて満足しています。特にウォークスルークローゼットは少しゆったりした広さにしてもらい、ちょっとした着替えスペースとして活用しています。
図面では実際の広さがいまいち分かりづらかったのですが、いざ出来上がってみると思ったより広く、訪ねてきた知人からも「広い家だね」とよく言われています。大きな家具をなるべく置かないようにしているのもあって、子供たちが絶えず走り回っています。やはり子供がのびのびしている様子を見ると嬉しくなりますね。

ただ、実家より少し肌寒いように感じています。アパートに暮らしている兄弟からは「すごく温かい」と言われるので他の家よりは温かいのだろうと思うのですが、期待が大きかった分、少し物足りなさを感じました。

キッチン収納に貼られたこだわりのタイル。
4色のタイルを選んでいただき、シモアラの設計士がタイルのレイアウトをいくつか提案しながら作っていきました。

完成時のLDK。
和室、リビング、ダイニング、キッチンがつながり、1つの大きな空間を作っています。