写真メイン 予備

大きな仕事でつかんだモノづくりの喜びと自信

生産CAD部 佐野 航平

現場の大工さんの仕事がしやすい、そんな図面をCADで作れるよういつも心がけています。
自分がミスをすれば、当然、現場の大工さんにも迷惑がかかるので、常にミスがないよう「信じるな、疑うな、確かめろ」の3つの言葉を自分自身に言い聞かせながら仕事をしています。日ごろは工務店からもらった平面図や立面図を見ながらCADを使って、どのような材寸の木材をどのように組んでみるか、一つひとつ考えながら構造図となる伏図を作っています。自分の仕事がちゃんとカタチとして残るので、やりがいがあります。

 

写真2

建坪300坪にもなる保育園の図面を任された時は、最後のデータづくりに朝5時までかかってしまいましたが、何より会社から大きな仕事を任せもらったことがうれしく、苦痛だと感じたことは一度もありませんでした。それよりも自分に任された以上は精一杯いいものに仕上げたい、そんな思いで一心不乱に取り組んでいたので、完成した時の喜びと達成感は格別なものがありました。また、現場の大工さんに自分の作った伏図をもとに組み立ててもらい、「ミスがなく、とても組みやすかった」と言っていただけた時の喜びも言葉にできないものがあります。

写真3

まだまだ会社の中では半人前だと自覚しているので、上司の仕事ぶりから多くのことを学び、できるだけ社内はもちろん、お客さんや大工さんともコミュニケーションを取りながら技術や知識を向上させていきたいと思っています。今後は建築士の資格取得も視野に入れながら会社で唯一無二の存在となれるよう頑張っていきたいです。