masegi1

責任感を持った仕事が信頼につながります

製材生産課 柵木 隆佳

「物事はいい切ることが大事」という言葉を常に意識しながら仕事に取り組んでいます。入社間もないころ上司から言われた言葉で、仕事は「~と思う」というようなあいまいな気持ちでするのではなく、自分で責任を持って「~をやります」という気持ちで仕事に取り組む大切さを教えてもらいました。おかげでたくさん失敗もしましたが、少しずつ社内のスタッフやお客様にも認めてもらえるようになりました。
今は製材部の仕事の工程管理を任されており、毎日、時間の有効的な使い方やコミュニケーションの大切さを実感しています。特に他の部署以外の人とのコミュニケーションは大切で、事前にいつごろ忙しくなるかが分かったり、仕事の効率化の方法のヒントをもらったりするなどいつもいろいろな発見があります。
夢はお客さんが気軽に足を運べる会社にすることなので、実現に向けてこれからもアイデアをどんどん出していきたいと思っています。

masegi2

シモアラでは地域材や県産材にこだわり、間伐材を多く使用しています。柵木さんは「日本の豊かな森を守ることにも陰ながら自分たちも貢献していますよ」と笑顔で話してくれました