伝統とモダン、2つのイメージが隣り合う重厚な木造りの住まい

2015年 加賀市
通気断熱WB工法

以前の日本家屋に当たり前に見られた「真壁」と呼ばれる壁の造り方を部分的に採用し、まるで古民家のような雰囲気を演出。
一方でリビングやユーティリティ、2階などは現代的な造り方でモダンさを。
2つの要素が1つの家に隣り合うように存在し、それでいて違和感なく行き来できるような空間のつながり方を意識しました。
また、木材をふんだんに使用し、通期断熱WB工法を採用することで、家族が末永く健康に暮らしていけるような住まいとなりました。
 

◎画像をクリックすると拡大します。