シンプルでいて味わい深い住まい

2015年 小松市沖町
設計 / 小笠原弘建築計画

できるだけシンプルなシルエットにこだわり、美しい直線で構成されたデザイン。

冷たい、温かい、硬い、柔らかいといった、素材が持つ質感を引き出し、生活の一部として当たり前に存在するように考えました。
人と人、部屋と部屋、外と室内とが意識せず自然な形で繋がっていくことで、空間的な広がりを感じ、また家族の一体感を深めます。

 

[御礼]
常設展示場 沖の家は平成30年(2018年)7月1日をもって展示を終了いたしました。
営業中は大変多くのの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

 

◎画像をクリックすると拡大します。