やわらかな陽の光が心地よい住まい

2016年 小松市
通気断熱WB工法

ただ大きな家ではなく、間取りや採光を工夫することでコンパクトでいて広々と開放的な住まいとなりました。
窓が大きく、家のどこにいてもやわらかな光が差し込み、明るく落ち着いた雰囲気に。
国産ヒノキの床と漆喰壁、通気断熱WB工法を採用し、より自然に近い室内空間に仕上げました。
家族が毎日明るく、楽しく暮らしてほしい。そんな住まいです。
 

◎画像をクリックすると拡大します。