やすらぎと使いやすさを両立させた住まい

2016年 加賀市
通気断熱WB工法

斬新さや派手さではなく、毎日穏やかに過ごすための住まい。

通気断熱WB工法を採用し、機械に頼らない自然の通気を。
厚手の無垢ヒノキ床はどっしりと優しい踏み心地で安らぎを。
コンパクトながら収納量や回遊性の工夫で使いやすさを。
シモアラの得意とする無垢材の建具や造り付け家具は、節のほとんどない材とすることで落ち着きと質の高さを感じさせる空間となりました。

毎日暮らしていくのだから、質の高い、できるだけ自然に近いものの中で暮らしてほしい。そんな提案です。
 

◎画像をクリックすると拡大します。